『月曜から夜ふかし』愛知と千葉の異なる水質に驚き マツコも違いを実感

視聴者から寄せられた「千葉ではシャンプーの泡立ちが悪く、愛知は良い」という悩み。そこには、意外な事実が隠されていた。

テレビ

2021/07/20 06:00

マツコ・デラックス

19日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で取り上げられた愛知と千葉の「水質の違い」に驚く視聴者が続出した。



 

■シャンプーの泡立ちに悩み

番組は「視聴者のお悩みを聞いてみた件」を放送。千葉県に住む夫婦から「千葉に引っ越しをしてから、シャンプーの泡立ちが悪い」という相談が寄せられる。

女性によると千葉に来た初日から泡立ちの悪さを感じ、良いシャンプーなどを買ってみてもやはりダメなのだという。実家の愛知に帰ると、泡立ちが抜群に良くなるのだと語っていた。


関連記事:マツコ&有吉の極貧上京物語 東京は「稼げないと住んじゃダメ」

 

■原因が判明

この件について、『月曜から夜ふかし』が調査したところ、結論が出たとのことで、水質研究家の上関久美子さんがリモートで登場する。

夫婦に対し「使っている水道の水質が違うんですね。愛知県っていうのが日本の中でも有数の軟水地域なんです。ところが、千葉県は日本でも第2位の硬水地域なんです」と説明。

そしてナレーターが「そもそも硬水と軟水の違いとは、カルシウムとマグネシウムが多く含まれているのが硬水、少ないのが軟水」と解説した。

次ページ
■マツコも違いを感じていた