尾木ママ、森元首相の『名誉最高顧問』就任報道に苦言 「なんて古風な発想」

教育評論家の尾木直樹氏が森元首相の名誉最高顧問就任報道に「肩書き与えようとする発想は古風」とコメント。

尾木直樹・尾木ママ・森喜朗

「尾木ママ」の愛称で親しまれる教育評論家・尾木直樹氏が23日、自身のAmeba公式ブログを更新した。



 

■トラブル続きの東京五輪

今年に入って東京五輪に関するトラブルが続いている。森元首相の女性蔑視発言による辞任、五輪開会式の音楽担当だった小山田圭吾氏の「いじめ記事」掲載による炎上、さらには先日のクリエイティブディレクター小林賢太郎氏の解任などトラブルが収まる気配はない。

そして23日、五輪組織委員会が森元首相の『名誉最高顧問』就任案を検討していると話題になっている。


関連記事:尾木ママ、開会式直前での小林賢太郎氏解任に苦言 「入場行進だけを希望します」

 

■酷いスポーツ文化レベル

森元首相の『名誉最高顧問』就任案を受けて尾木ママは、「今の橋本新会長や理事会に女性進出した貢献なら理解出来ますが、トラブル続出の今、『接待役』として肩書きが必要だからと急いで肩書き与えようとする発想は、なんて古風」と苦言を呈した。

ブログ末尾には「酷いスポーツ文化レベル」という一文を添えて投稿を締めくくっている。


■就任案検討に否定的な声

ブログ読者からは「ほんとに、ありえません」「マジっすか!?唖然、呆然、失望だらけ」「森さんだけは特別なんてダメでしょ」と名誉最高顧問就任案に対して否定的なコメントが寄せられる。

東京五輪の開会式は、本日午後8時から行われる。世界の目が日本に向けられる中、こういったトラブルが続いてしまうというのは残念でならない。

・合わせて読みたい→尾木ママ、政府と国民の信頼関係に絶望 「きっと新規感染者は増加する」

(文/しらべぇ編集部・三黒いつき

東京五輪小山田圭吾尾木直樹AmebaブログAmeba尾木ママ女性蔑視発言教育評論家小林賢太郎森元首相名誉最高顧問
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング