よみうりランドに全然近くない「読売ランド前駅」 現地歩いて感激した理由

日本には「○○前」という名称の鉄道駅が多く存在している。「読売ランド前駅」もその一つだが、ここはお目当ての「よみうりランド」まで徒歩約30分はかかる不思議な駅である。

話題

2021/07/24 05:15

よみうりランド

日本には「○○前」という鉄道駅が多く存在する。

都庁前駅、三越前駅、外苑前駅、鎌倉高校前駅など、近くにあるランドマークが駅名に採用されることが通例だが、神奈川・川崎市に所在する小田急小田原線「読売ランド前駅」は他の駅とは一味も二味も違う。


【画像】記者が「近道だ!」と選んだ衝撃の道

 

■駅の歴史と特徴

よみうりランド

「読売ランド前駅」は1927年の開業。元は「西生田駅」という名称で、駅の近くに遊園地「よみうりランド」が開園したことをきっかけに1964年、現在の駅名に変更した。

よみうりランド

同遊園地はプール施設も併設されており、敷地面積は37万平米と広大。

その広さは東京と神奈川にがっつりまたがるレベルで、遊園地の北側には「京王よみうりランド駅」、反対側の南側にはくだんの「読売ランド前駅」があり、これら2駅は同地へ人を運ぶ重要なアクセスポイントとなっている。


関連記事:チコちゃんが不動産広告の謎に迫る 「徒歩1分=80メートル」の元になった”鈴木深雪さん”とは

 

■「徒歩は無理」と言われる距離

よみうりランド

ではこの「読売ランド前駅」、実際よみうりランドの「前」にあるかといえば断じてそうではない。

調べてみると駅改札から遊園地入口までは2km以上あり、都心駅であれば2駅分ほどの距離を歩かなくてはいけない計算だ。徒歩で向かうのは非現実的なため、駅前からは遊園地へ向かうバスも定期的に発着している。

よみうりランド

毎年ネット上に「よみうりランドまでクソ遠い読売ランド前駅」「駅名詐欺」「バスに乗らねば辿り着けない」「徒歩は無理」と、不都合な真実を明かすユーザーが出てくるのはこのためだ。

釈然としない記者は、梅雨も明け猛暑日となった7月下旬、約20kgあるカメラ機材を背負ったまま、よみうりランドを目指すことにした。

次ページ
■難解なルート

この記事の画像(21枚)