瀬戸大也選手の妻・優佳さん、SNS上の心無い言葉に訴え 加藤浩次が共感

瀬戸大也の妻・優佳さんが『スッキリ』に出演。無観客でSNSの声が注目されがちな現状に「心温かい声援で選手たちを応援してあげてほしい」と訴えた。

テレビ

2021/07/26 12:15

極楽とんぼ・加藤浩次

競泳の瀬戸大也選手の妻で元飛び込み日本代表の馬淵優佳さんが26日、『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。男子400メートル個人メドレーで予選落ちしたことに「心温かい声援で選手たちを応援してあげてほしい」と訴えた。



 

■「レースプランを誤ってしまった」

番組には元競泳選手でコメンテーターの松田丈志氏が出演し、瀬戸選手の予選落ちの背景を解説。準高地でのトレーニングから中2日での本番だったことが感覚のズレとタイムのズレに繋がったのではないかと推測した。

優佳さんによれば瀬戸選手も「レースプランを誤ってしまった」と話していたようで、リオデジャネイロ五輪では予選で力を出しすぎてしまった結果、疲労が残った状態で決勝に臨んで銅メダルだったことが、今回のレースプランにもつながっていたと話す。


関連記事:五輪選手村、韓国選手団の新たな垂れ幕がネット上で賛否 「逆に面白い」

 

■無観客の影響でSNSの言葉が届く

瀬戸選手の予選落ちを受け、ネット上では「油断ではないか」「ダサい」といった批判の声が相次いでいた。競技とは無関係なはずの過去のスキャンダルと絡めてコメントする声も少なくない。

優佳さんは「金メダルが取れなかったからといって、心ない言葉を言う方も中にはいらっしゃる」とし、「今回のオリンピックは無観客ということで、直接選手たちに応援が届かない分、SNSの言葉がすごく強く選手に届くと思うんですよ。なので、まだまだオリンピックは始まったばかりでこれからいろんな選手が戦っていくので、SNSのほうでも心温かい声援で選手たちを応援してあげてほしいなっていうのはすごく感じましたね」と訴えた。

次ページ
■加藤浩次が共感