スタバ店頭に置かれた謎の黒板、よく見ると… 地元愛あふれる正体に思わず感動

2日で日本上陸25周年を迎えたスターバックスコーヒー。店頭に出現した、とあるボードが話題となっており…。

2021/08/03 05:45

2日、記念すべき「日本上陸25周年」を迎えたスターバックスコーヒー。現在、とある県の店舗では「地元愛」あふれるユニークな試みが話題となっているのをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■「スタバ」と聞いて思い浮かべるのは?

突然だが「スタバ」という空間を構成するアイテムといえば、何を連想するだろうか。やはり緑を基調としたロゴやエプロン、パートナー(従業員)たちの眩い笑顔を思い浮かべる人が多いことだろう。

しかし記者はあえて、店内や入り口付近に設置されることが多いコミュニティボード(黒板)に注目したい。各店舗に控えている「画伯」らが新メニューのイラストやおすすめメニューを描いたり、利用客へ向けたコメントやメッセージを記すのに使用されるこちらのボードは決して「チェーン店」の枠に収まらない、各店舗の独自性を如実に表した存在と言えるのだ。


関連記事:大阪のスタバで感動的な光景に遭遇 スタッフの神対応が「素晴らしい!」と話題に

 

■これは一体、何なんだ…?

さて各店舗の「顔」とも言うべきボードだが、ある日記者は「島根県のスタバに妙なボードが設置されている」という情報をキャッチ。それも「特定の店舗に設置されている」のでなく、「県内全ての店舗に設置されている」というから、何とも興味をひかれるではないか。

スタバ出雲大社店

そこで内容をこの目で確認すべく、現地に設置されたボードの写真を「スターバックス コーヒー ジャパン」に送ってもらうと…そこには妙にカラフルかつ、謎の形状をしたオブジェの様子が描かれていたのだ。

(ひょっとして今、島根で流行中の前衛芸術か何かか…?)と首を傾げつつ、こちらのボードの詳細を尋ねてみると、島根県民の「結束力」が伺える舞台裏が明らかになった。

次ページ
■全てのスタバをめぐった時、謎が明らかに

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

スタバツイッタースターバックス島根県話題神話フラペチーノ出雲
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング