茂木健一郎氏、首相の原稿読み飛ばしに苦言 「普段の姿勢が問われてる」

平和記念式典での原稿読み飛ばしが物議を醸した首相に対し、脳科学者の茂木健一郎氏が持論を述べている。

2021/08/07 12:00

茂木健一郎

6日の広島平和記念式典で、原稿の読み飛ばしが物議を醸した菅義偉首相。これに関し、脳科学者の茂木健一郎氏が、7日朝に投稿したYouTube動画で持論を述べた。



 

■今回は真面目にコメント

普段はコミカルにユーモアを込めて時事問題を斬る茂木氏だが、戦争に関するテーマとあってか今回は真面目にコメント。まずは冒頭で、「暑かったんですよねあの会場」「最初から言い間違いもあったりして。ちょっと頭がクリアじゃない状態だったのかなぁって」と首相に同情する。

一方、「一番大事なメッセージですよね、被爆国日本の総理として。そこでああいう言い間違いをしてしまうっていうのは、まぁ、本当に失態なんでしょうね」と苦言も。

しかし続けて、「どこかの市長さんみたいに、意図的に金メダルを噛むっていう行為とは少し違うわけで。無意識の失態ですよね」と他意はないとも指摘した。

【動画】首相の読み飛ばしに持論を述べる茂木氏


関連記事:茂木健一郎氏、タトゥーのNG化に異議 「意味のない禁止は全廃しませんか?」

 

■「平和を訴えるチャンス」と残念がる

その後は「まぁ、大変残念だったなって。それ以上とやかく言うつもりはない」としたが、ここで「今回の読み間違いは無意識下で仕方ないとして、普段の姿勢が問われてると思うんですよね」と踏み込んだ分析が飛び出す。

「ちょうどオリンピック開催してて、世界に向けて平和を訴える非常に重要なチャンスだし」と時機に触れると、「核の拡散っていうことも随分起こってしまっていて。それから深刻なのは、核兵器禁止条約が発行したんですけども、実効性が今のところあんまりないと」など、国際情勢に言及した。

次ページ
■「もうちょっと積極的な取り組みを」

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

政治広島YouTube平和戦争原爆核兵器原子爆弾茂木健一郎菅義偉
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング