向井理、マニアックなフェチを告白し視聴者興奮 「普段見えないところを…」

俳優・向井理が『TOKIOカケル』で独特なフェチを告白。吉岡里帆やTOKIOを驚かせた…。

テレビ

2021/08/12 07:30

向井理
(写真提供:JP News)

11日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優・向井理が登場。自身のマニアックなフェチを告白し、大きな話題を集めている。



 

◼吉岡里帆のフェチは?

舞台で向井と共演中の女優・吉岡里帆は、「初日の本読みのときに、向井さんの舞台の発声がスゴくステキで」と回顧。

「悪役なんですよ。で、その悪役の発声(声質)が個人的にスゴく好きで」と自身が向井の悪役時の声フェチだと力説し、向井に「なにフェチ?」と質問する。


関連記事:名取くるみ、フェチ感たっぷりの下着姿に反響 「優勝なんてもんじゃない」

 

◼向井のマニアックフェチ

向井は「普段見えないところを見るのが、『あっ自分しか見えていないのかな?』ってところが好きなので…」と告白。TOKIO・国分太一から「例えばどういうところ?」と聞かれ「静電気ですね」と答える。

出演陣が「静電気?」と困惑した表情を浮かべると、向井は「静電気でバチッとなってる人を見るのが好き」とマニアックな一面を告白。

「秋口になると乾燥しはじめるじゃないですか。ドラマとかバラエティとかもそうですけど、スタッフのかたが『こちらです』ってドアを開けてくれるときにバチッってなって」と嬉々として語っていく。

次ページ
◼魅力を力説