西川史子、脳内出血で緊急手術 「発見と搬送が早くてよかった」と回復願う声

西川史子が脳内出血で倒れて緊急搬送され、5時間に及ぶ手術を受けて成功。3週間程度の入院が必要とされている。

2021/08/19 13:25

西川史子

医師でタレントの西川史子が17日、都内の自宅で倒れて救急搬送され、右脳内出血と診断されていたことを19日に所属事務所が明らかにし、一斉に報じられた。



 

■5時間に及ぶ手術

所属事務所によると、当日の朝に出勤するはずが、連絡が取れなかったため、関係者らが自宅に駆けつけたところ、リビングで倒れている西川を発見。意識はあり、会話もできる状態で、朝の入浴後に異変を感じて倒れてしまったと説明していたという。

病院に搬送後に5時間に及ぶ緊急手術を受けて無事に成功し、現在はメールを打ったり会話も普通にできる状態のようだが、3週間程度の入院が必要と伝えられている。


関連記事:西川貴教、“新しい家族”を公開 「この子のためにもますます頑張ります」

 

■昨年から医業に注力

西川は大学在学中の1996年、ミスコンテスト「ミス日本」のフォトジェニック賞を受賞し、同年に医師国家試験に合格。都内のクリニックに勤務するかたわらでタレント活動も行い、バラエティ番組などでも人気を博した。

昨年1月から、本業の美容医療に力を注ぐためにタレント業をセーブし、医師としての仕事に重点を置いて活動している。


■SNSでも回復を願う声

報道を受け、ツイッターでは「西川史子」「右脳内出血」のワードがトレンドに。ユーザーからは、「過労やストレスがたまっていたと思う」「気丈に見える方ほど繊細よね」との心配や、「早く見つけてくださる方がいてよかった」「発見と搬送が早くてよかった」といった声が上がった。

また、無事に手術が成功したことに「助かって何より」「ご無事で本当によかったです」と安どする人や、「回復を願っています」「しっかり養生してください」とのコメントも書き込まれている。

・合わせて読みたい→脳死と宣告され臓器提供へ… 摘出手術直前に息を吹き返した若者が話題に

(文/しらべぇ編集部・けろこ

SNSタレント医師西川史子緊急手術救急搬送ツイッタートレンド右脳内出血
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング