米の消費量激減に農家も危機感 農水省も「減少に歯止めかけたい」

各種調査では高齢者ほど米を食べないということが明らかになってきた。

2021/08/21 10:40


 

■玄米食の効能

最近では玄米食の効能について、注目が集まっている。玄米は白米に比べ、ビタミンB群やビタミンE、ミネラル、食物繊維などを多く含んでいることから健康に良いとされている。

玄米に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維で、胃や腸の中で水分を吸収してせんどう運動をうながし、便秘の解消に役立つ。

また、便秘が解消されることでポッコリおなかも治り、栄養素の吸収が良くなることで代謝がアップし、ダイエットにつながる。さらに、不溶性食物繊維はよく噛む必要があることから、食べ過ぎ防止にもなると言われている。


関連記事:「トイレ詰まり修理20万円支払え」 インターネットおとり広告の実態を聞いた

 

■おいしい玄米栽培

無農薬玄米の栽培に積極的に取り組んでいるしほさん夫妻。農薬を使っていた時代には、食味値が70点台だったそうだが、土壌改善などに取り組むことで、91点という高い値をたたき出した。

しらべぇ編集部の取材に対してご主人は、「環境が整わないとなかなか難しい。もちろんすべての田んぼで無農薬玄米が栽培できる訳ではないが、可能性を見極めながら全国に普及させていきたい」と語った。

・合わせて読みたい→母の愛情カレーの”裏側”に共感拡がる 「子供の喜ぶ顔が見たい」という想いを直撃

(取材・文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

農業パン農家給食高齢化人口減少農林水産省水田
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング