松本人志の「視聴者よりも笑わせたい人」に驚きと感動の声 涙する人も

『ワイドナショー』では雨上がり決死隊の解散報告がテーマに。松本人志が語った「コンビ愛」が話題に。

2021/08/22 11:45

ダウンタウン・松本人志

22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ダウンタウンの松本人志が相方・浜田雅功とのコンビ愛を語る一幕が。視聴者からは感動の声が寄せられている。



 

■雨上がり決死隊の解散について

今回番組では、17日配信の『アメトーーク 特別編』(ABEMA)にて行われた、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の解散報告について議題に。

スタジオでは解散理由について、「熟年離婚」といったキーワードで解釈しようとするメンバーもいたが、「コンビ」という特殊な形態のため、なかなか理解し切れないといった雰囲気に。そうしたなか、松本が口を開いた。


関連記事:ダウンタウン松本の“浜田の不倫”イジリに視聴者騒然 「風化させない」

 

■「相方を笑わすことが面白い」

「コンビ芸人のボケのほうで言うとね…」と、自身と宮迫博之の立場を重ねて語り出す松本。話は「笑いの優先順位」というテーマから始まる。

基本的には、客席や視聴者を一番に笑わせたいと思うのが「プロですから当然」としつつも、松本の場合は「相方を笑わすことが面白い」のだそう。

「嬉しい」といった感情ではなく「浜田が俺の言ってることで笑ってるのがおもろい」「そっち(相方が笑うこと)のほうが儲けた気がする」のだという。「浜田が笑っても銭にならない」と考える一方で、「そこ(相方を笑わせること)の優先順位が一番高い」と考えているようだ。

次ページ
■「さらっと愛の告白」と感動
松本人志ワイドナショー浜田雅功雨上がり決死隊宮迫博之コンビ愛
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング