菅首相、緊急事態宣言の対象地域に8道県追加を決定 対象地域は21都道府県に

菅義偉首相は緊急事態宣言の対象地域に、新たに8道県を追加することを政府対策会議で正式決定した。

2021/08/25 19:05

菅義偉

菅義偉首相は25日夕方、政府対策会議で、緊急事態宣言に新たに8道県を追加することを正式決定した。 21時から首相官邸であらためて記者会見が行われる。



 

■緊急事態・まん防の対象拡大

17日夜に行われた会見では、全国で新型コロナウイルスの新規感染者が急増しているのを受け、茨城・栃木・群馬・静岡・京都・兵庫・福岡の7府県を緊急事態宣言の対象地域に追加することを発表。

6道県に適用されていたまん延防止等重点措置についても、宮城・富山・山梨・岐阜・三重・岡山・広島・香川・愛媛・鹿児島の10県を新たに追加することを発表していた。

期間は8月20日から9月12日までで、既に緊急事態宣言が出されていた6都府県、まん延防止等重点措置の対象である6道県についても、期間が延長されることとなった。


関連記事:菅義偉首相、会見で「より強いメッセージ必要」 五輪は「実現可能」繰り返す

 

■対象地域に8道県を追加

政府は25日夕方、首相官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部会合を開き、既にまん延防止等重点措置が適用されていた北海道・宮城・岐阜・愛知・三重・滋賀・岡山・広島の8道県を緊急事態宣言の対象地域に追加することを正式決定した。

また、新たに高知・佐賀・宮崎・長崎の4県にまん延防止等重点措置を適用することも決定。期間はいずれも8月27日から9月12日までとし、東京都などに発令中の宣言にそろえる形となっている。

今回の対象地域の追加で、宣言の対象地域は21都道府県に、重点措置の適用地域は12県となり、47都道府県の7割に当たる33都道府県が宣言か措置の対象となった。

・合わせて読みたい→菅首相、緊急事態宣言の解除を今夜説明へ 一定条件で酒類提供も認める方針か

(文/しらべぇ編集部・中島隼貴

テレワーク菅義偉新型コロナウイルス緊急事態宣言まん延防止等重点措置デルタ株酸素ステーション中和抗体薬モニタリング検査抗原簡易キット
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング