ふかわりょう、音楽CDの魅力を熱く語る 「音を想像して家に帰って…」

40代以上はまだまだこだわりを持っている人が多いというCD。ふかわりょうが魅力を語った。

テレビ

2021/09/01 06:15

ふかわりょう

8月31日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうがCDの魅力について熱く語った。



 

■40代以上はCDにこだわり?

番組は若者はサブスクを親しんでいるが、40代以上は音源の良さなどから、CDを捨てられない人がいると分析した記事を紹介。

30代の橋本マナミは「処分しようと思ったけど、なかなか捨てられないCDがちょっとあって。SMAPさんのベストアルバムとか」と話すが、「やっぱり聞くのはAppleMusicが多いですね」と語り、20枚程度のCDを処分したことを明かした。


関連記事:ふかわりょう、MC交換に納得いかず不満爆発 ミッツが呆れる事態に

 

■ふかわがCDの魅力を語る

CDを約1万枚所有しているというふかわは「世代的にもやっぱりとシングル CD とかの世代で、もちろん音を聴くツールではあるんですけど、ジャケットだったり…」と話す。

ゲストのロバート・キャンベル氏が「写真がいいですよね」とツッコミを入れると、「しゃべらせてよ、キャンベル」と苦笑いしたうえで、「聴く、聴かないではなく、まず飾っていくことに価値がある」と力説した。

次ページ
■プロセスを力説