板野友美、初の育児で「腕と手足が限界」 夫・高橋投手の計らいに感謝

アイドル時代は疲れ知らずだったという板野友美。長女を出産し、日々の育児でかなりの疲労を感じたことを明かした。

2021/11/04 19:15


板野友美

AKB48の元メンバーでタレントの板野友美が4日、インスタグラムを更新。ストーリーズ機能で、初めての育児についての苦労をつづっている。


 


 

■長女を出産

板野は2013年8月にAKB48を卒業。

今年1月にプロ野球・東京ヤクルトスワローズの高橋奎二投手と結婚し、先月には第1子となる長女を出産したことを公表していた。


関連記事:板野友美、夫・高橋投手のヤクルト優勝に喜び 「感慨深い年になりました」

 

 

■アイドル時代は…

投稿したストーリーズで、板野は「今まで、大量のサイン書きや握手会で、何回も『腱鞘炎になったりしない?』と聞かれたけど、腕や手が痛くなったことは一度もなく」と、アイドル時代を振り返った。

続けて、「しかし初めての毎日の抱っことお世話で腕と手足が限界状態に…」と、長女の世話で疲労状態になったことを告白する。

板野友美 写真集『Release』【Amazonでチェック】

次ページ
■長女の世話で疲労
育児Instagram疲労板野友美整体ストーリーズ高橋奎二
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング