小学校教師が休日にソープランド勤務で懲戒免職 教委は「まじめで評判よかった」

教諭は校内での評判も良く勤務態度も良好だったため、発覚までは誰も気づかなかったという。

2021/11/16 15:30

吉原・ソープランド

今年9月、東京都内の区立小学校に勤務する女性教師(27)が、新宿歌舞伎町でいわゆる“立ちんぼ”行為を繰り返していたとして、都教育委員会が懲戒免職処分にした。

今度は多摩地域に勤務する小学校養護教諭(28)が、風俗店でも働いていたなどの理由で懲戒免職処分となった。



 

■大変なことをしてしまった

都教育委員会人事部職員課によると、当該養護教諭は今年4月3日午後2時頃から同日午後11時頃までの間、店舗型性風俗特殊営業店(ソープランド)において、この店から現金を受け取り、男性客と性行為を行うなどした。

匿名の通報で今回の事態が発覚したが、教委の調べで2020年2月から2021年4月まで、学校の休日に不定期で勤務していたことが判明。教諭は、「自分の考えの甘さから大変なことをしてしまった。実家を離れて都内で暮らすためのお金を貯めたかった」と話したという。


関連記事:埼玉県教諭、生徒に性的な写真を要求 局部写真を送り懲戒免職も

 

■学校での勤務態度は良好

なお、周囲にはお金に困っていたとの話はしておらず、学校での勤務態度も良好。校長らからは「丁寧で詳細な資料や計画も作る。報告・連絡・相談もできる」との報告があがっており、校内での評判も良かったという。

そのため、発覚まで誰も気づかなかったそうだ。教委の担当者は、「まったくの想定外の出来ごとのため、防ぎようがなかった。休日にこのようなことをやられてしまうと、どうしようない」とこぼす。

吉原ソープ嬢物語 花魁ユイ【Amazonでチェック】

次ページ
■原則は実名公表だが
新宿話題風俗店小学校教諭懲戒免職ソープランド信用失墜行為匿名通報立ちんぼ多摩地域
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング