仲里依紗、ド派手ファッションのルーツ明かす ネット「派手だけどかわいい」

ド派手なファッションでも注目を集める女優・仲里依紗が自身のファッションの原点を明かし…。

2021/11/25 10:45

仲里依紗
(写真提供:JP News)

24日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に個性的なファッション・キャラクターで人気を博す、女優の仲里依紗が出演。自身のファッションのルーツを明かし、TOKIOらを驚かせた。



 

■髪色はのれんスタイル

この日は前髪をブルーに染め、鮮やかな青い花柄の衣装で登場した仲。10年ぶりの同番組出演にTOKIO・松岡昌宏は「まだこんな青くなる前でしたからね、着けてるもの全部青いですからね」と個性的なファッションにツッコむ。

国分太一も「美容院でなんて言ったらその髪型できるの?」と質問。仲は笑顔で「女優モードのときは上(の髪をかぶせて)から隠せる。のれんスタイル」だと解説し、笑いを誘った。


関連記事:黒柳徹子、88歳の“どすっぴん”に驚きの声 「キレイ」「かわいい」

 

■10年前は「事務所の言いなり」

10年前から色鮮やかなド派手ファッションを披露してきた仲。当時は黒髪だったので、「けっこう衣装は攻めてたけど、こっから上(首から上)は真っ黒で事務所の言いなり。まだ言うことを聞いていた」と振り返る。

そこから映画で共演した俳優・生田斗真から「何色の服は持ってないんですか?」との質問VTRが届けられ、仲が自身のファッションについて明かしていく。

次ページ
■両親の影響

仲里依紗スタイルブック『Palette』【Amazonでチェック】

テレビTOKIOファッションルーツ両親松岡昌宏生田斗真国分太一TOKIOカケル仲里依紗
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング