サンドウィッチマン、M−1優勝で目標失う 「なんのために漫才を…」

『M−1グランプリ』優勝したサンドウィッチマンが、優勝後の自分達の変化について語り…。

2021/11/25 11:45

サンドウィッチマン

24日深夜放送『お笑い実力刃』(テレビ朝日系)で大人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンが漫才の祭典『M−1グランプリ』優勝後の自分達の心境の変化について言及し、話題を集めている。



 

■コウテイの質問

賞レースで活躍する若手芸人が集結したこの日。先輩芸人のサンドに質問する流れに。

注目を集める若手コンビ・コウテイの九条ジョーは『M−1』王者のサンドとアンタッチャブルに「優勝したそのあとのなにか目的(目標)とかあるんですか?」と尋ねる。


関連記事:サンドとナイツの激推し芸人27組がネタバトル 番組でしか見られないコラボも

 

■優勝経験者のサンドは…

九条は「僕たち『M−1』に向かってずっと走れるんですけど、獲ってしまったら次これ頑張ろうみたいなのが、漠然となくなりそうな…」と『M−1』優勝を目標にしているので、もし優勝したらその後の目標を見失うのではと不安を漏らす。

これに伊達みきおは「それは我々はありましたね、目標がなくなったっていうのは。なんのためにいまから漫才・ネタ作ったりしなくちゃいけないのかって」と九条の指摘通り、目標がなくなり漫才をやる意味を見失っていたと告白した。

次ページ
■富澤は「いまも…」

サンドウィッチマンの東北魂 あの日、そしてこれから【Amazonでチェック】

テレビサンドウィッチマン富澤たけし伊達みきおM−1グランプリコウテイお笑い実力刃九条ジョー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング