千鳥・大悟、島を離れる際に交わした父との約束 “ただかっこいい話”に感動の声

故郷の岡山・北木島を出て芸人を目指す大悟に、父親は「売れようが売れまいがどうでもいい。けど…」。

2021/12/18 05:45

大悟
お笑いコンビ・千鳥の大悟が17日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演。父親の“ただかっこいい話”を披露した。



 

■「ただのほんまにかっこいい話」

「ただのほんまにかっこいい話になってもいいですか?」と切り出して大悟が語り始めたのは、故郷の岡山・北木島を出て大阪で芸人を目指すことになったときのエピソード。

寡黙な父親からは、芸人になることについて一切文句は言われなかったが、ひとつだけ約束させられたことがあるという。


関連記事:千鳥ノブ、芸人に反対した父の隠された思いに感謝 渡されたものは…

 

■父親と交わした約束

「1日だけ付き合え」「今から走る道だけ覚えとけ」と軽トラックに乗せられ、父親とある場所に向かった大悟。到着したのは、大悟が小学生時代にお世話になった先生のお墓だった。

そこで父親は、こう言ったという。「お前が芸人になって、売れようが売れまいがどうでもいい。なんの仕事してもどうでもええけど、この墓までの道のりを忘れるような人間にだけはなるな」「偉いさんになれとか金持ちになれとか言わんけど、それだけは覚えとけ」と。

子どもを伸ばす父親、ダメにする父親【Amazonでチェック】

次ページ
■「かっこいい」と感動の声
ダウンタウン松本人志岡山千鳥大悟人志松本の酒のツマミになる話北木島
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング