ワクチン警察を自称する男性が悪質な脅迫 「接種止めなければ知事は逮捕される」

一般人の男性が、市民を勝手に取り締まり? しかし、自分が先に逮捕されてしまう可能性も…。

2022/01/08 16:00

ワクチン・新型コロナウイルス・予防接種・注射

アメリカでアンチバクサー(反ワクチン主義者)の男性が自ら「ワクチン警察」を名乗り、「ワクチンを推奨している州知事を逮捕する」などと発言し、問題になっている。『Rawstory』『Independent』などの海外メディアが報じている。



 

■ワクチン摂取を阻止

アメリカで、新型コロナウイルスワクチンの摂取に反対する活動家のクリストファー・キーさんは、「ワクチン警察」を自称している。

他人のマスク着用に厳しい人を指す「マスク警察」とは異なり、クリストファーさんはワクチンの摂取を強要するわけではない。むしろその逆で、ワクチン摂取を阻止すべく「ワクチンを推奨するすべての人々」に対して、日々戦いを挑んでいるようだ。


関連記事:ハワイで夏休み満喫ならず ワクチンパスポートを偽造した親子が空港で逮捕

 

■胸に輝く「ワクチン警察」の文字

アメリカでは、前政権がワクチン摂取を政治的な争点にしていたという背景もあり、ワクチンを廃止するようロビー活動を行う市民団体などが存在する。

クリストファーさんはそんなアンチバクサーたちのヒーローとなるべく、胸に警察バッジを模したワッペンと「VACCINE POLICE(ワクチン警察)」という刺繍を施した特製ユニフォームを着て、「私人逮捕」に向けて準備を進めているそうだ。

次ページ
■番組で州知事の逮捕を宣言

しっかりわかる ワクチンと免疫の基礎知識 (池田書店)【Amazonでチェック】

アメリカワクチン新型コロナウイルス翻訳記事ポッドキャストワクチン警察私人逮捕州知事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング