松本人志「死ぬまで食わんで大丈夫」と全否定したパンのお供 ネットは賛否

松本は「意味わからん」「ジャムよりもクソ」と言いたい放題。

2022/01/08 10:25

松本人志
お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が7日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演。ピーナッツバターの存在を全否定した。



 

■ジャムへの文句連発

パンに塗る変わり種のジャムを見つけると、ついつい買ってしまうというゲストの武田真治と千鳥・ノブ。

一方、松本は「ジャムってこの世からなくなっても、正直そんなに」「『岸田政権ジャム禁止!』ってなっても、俺、別に…」とジャムに存在価値が感じられないようで「瓶やから腹立つねん。なんやねん、あれ。最後まで使われへんやろ。瓶の時点で。思ったほど入ってないし」と次々に文句を口に。


関連記事:焼うどんを超えるウマさ 美味しんぼ「焼ききしめん」が簡単で絶品

 

■ピーナッツバターも標的に

さらに「ジャムよりもクソ」と挙げたのがピーナッツバター。「ピーナッツバターの意味わからん」「死ぬまで食わんでも全然大丈夫やけど」と定番ともいえる食パンのお供をメッタ斬りにした。

共演者からブーイングが起きると、松本は逆にビックリ。「ピーナッツバターって、みんなそんなに食べんの?」と質問すると、「頻繁ではないけど食べる」「3日に1回くらい食べてる」との回答が集まった。

次ページ
■全否定の理由

スキッピー ピーナッツバタークリーミー 340g【Amazonでチェック】

ダウンタウンジャムパン松本人志武田真治ピーナッツバター千鳥ノブ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング