羽鳥慎一アナ、長年続けるもう一つの顔に驚きの声 「イメージにない」

『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演の羽鳥アナ。知人の勧めを機に20年つづけていることとは…。

2022/01/10 23:05

羽鳥慎一

10日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では、フリーアナウンサー・羽鳥慎一のある一日に密着。その内容が、視聴者の間で注目を集めている。



 

■知人に勧められ…

アナウンサー歴28年の大ベテランである羽鳥アナだが、一方で、20年間ほどつづけていることがあるという。それは、ダイビング。知人に勧めら始めて以来、海底に広がる雄大な地形に魅了され、海にとりつかれてしまったのだそう。

いまや「ゴリゴリのダイバー」だというが、スタジオメンバーには意外だったようで、「イメージにない」「あんま言ってないですよね?」と驚きの声が上がる。


関連記事:羽鳥アナ、斎藤ちはるアナの陽性判明で警鐘 「誰がどこで感染しても…」

 

■「地球が呼吸している」

今回は海中での実況を試みるため、伊豆諸島のひとつである式根島を訪れる。世界中から注目を集める「海中温泉」があるようで、興味津々な様子の羽鳥アナ。

早速もぐると、白い砂地が視界にひろがり、海底からは二酸化炭素が気泡となって湧き出ている。「地球が呼吸しているように感じる」などと名実況を重ねながら、さらに泳いでいくと、「あつっ」と感じるスポットに到達。

一見そうは見えない砂地だが、触ると熱いようで、実際に温度を測ってみると、なんと100℃。その後も水や潮の細かな揺れ、海中生物などを細かに解説していった。

与那国島海底遺跡ダイビング【Amazonでチェック】

次ページ
■「そんな一面が」と視聴者も驚き
テレビ趣味アナウンサー羽鳥慎一人生が変わる1分間の深イイ話深イイ話ダイバーダイビング
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング