デーブ・スペクター、TV局の”AD”改称の動きに激怒 「弱っちい」と大反対

テレビ局で、「AD」という呼称を変更する動きがあることにデーブが「大反対」「冗談じゃない」と激怒した。

2022/01/14 23:50

デーブ・スペクター

14日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、デーブ・スペクターがテレビ局で「AD(アシスタント・ディレクター)」という名称を変更する動きが進んでいることについて、怒りをぶつけた。



 

■ADの呼称を廃止の動き

番組はテレビ局で、ADという呼称を廃止する動きを報じるニュース記事を紹介。

ADという呼称には雑用や長時間労働のイメージがあることから、一部では「YD(ヤングディレクター)」という呼び名になっているのだという。


関連記事:デーブ・スペクター、五輪改革の必要性を指摘 「大きくなりすぎてる」

 

■デーブが「大反対」

デーブはこの動きに「これはバカげていますよ、大反対ですよ。冗談じゃないですよ」と怒りをぶつける。

そして、「ADはいじられてなんぼですよ。それでね、どの記事を見ても(ADは)一番現場の下のポディションって書いてある。それ、どういう意味かわかるでしょ? 下積みなんですよ」とまくしたてる。

続けて「いろんなことを学んで、向いていない人はやめていく。淘汰される。もっと楽な仕事、楽しい仕事があるわけですから。学んで学んで、あの子、仕切れる人だなとか、向上心がある、熱心、どんどん上がっていくんですよ、そんなもんなんです」と力説した。

次ページ
■「弱虫じゃダメ」

デーブ・スペクター『いつも心にクールギャグを』【Amazonでチェック】

テレビ怒りAD下積みテレビ局バラいろダンディデーブ・スペクター改称
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング