『ねほぱほ』出演の駅員、鉄道ファンの迷惑行為に苦悩 「動画さらす」と言われ…

鉄道ファンに迷惑した実体験を打ち明けた駅員。この告白には、ネット上でも多くの視聴者が腹を立てた。

2022/01/15 07:30

ねほりんぱほりん

14日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)には駅員が登場し、「音鉄」や「撮り鉄」などの鉄道ファンによる迷惑行為を駅員視点で語った。



 

■最も困った音鉄の行動を告白

今回登場したのは、勤続20年のベテラン・ユージさん、都市部の大きな駅で働いていた元駅員のミサキさん、郊外の駅で駅員として働いていた鉄道マニア(現在は車掌)のシンペイさんの3人だ。

そんな3人に、司会の南海キャンディーズ・山里亮太が「ホーム業務で大変なこととかってお伺いしてもいいですか?」と尋ねると、ミサキさんは「私が一番困っていたのは音鉄の方で…」と苦笑しながら答えた。

ミサキさんによると、音鉄は電車の音を拾いに来る鉄道ファンのこと。しかし当時、ミサキさんが出会った音鉄は、ホームで長いガンマイクを持ちつつ、車外のアナウンスやホームに流れる「まもなく何番線に参ります電車は…」といった声を録音していたそう。


関連記事:ヒカキン、1000℃の鉄球をアイスに乗せる実験動画を公開 「味がプリン」

 

■40~50人の撮り鉄が…

その時、2~3メートルある長い棒がホームで動いていたため、運転士は「危ない」と判断し電車を停めてしまうと思ったミサキさん。そのため、音鉄に「ちょっと離れてください」「電車来るのでマイク下ろしてください」と一生懸命対応したという。

一方で「うちの駅も結構撮り鉄さんが集まるんですよ」と話し出したユージさんは、最新型の電車が走る時には40~50人もの撮り鉄が集まると明かした。

次ページ
■「うるせぇぞ駅員!」

鉄道ファン 2022年 02月号【Amazonでチェック】

テレビNHK山里亮太駅員迷惑行為撮り鉄南海キャンディーズねほりんぱほりん音鉄
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング