ハーゲンダッツ、4月からあのスプーンに大きな変化が 供給量も段階的に削減

使い捨てプラスチック量削減のため、4月からプラスチックスプーンが環境に配慮した素材へ切り替えられる。

2022/01/19 15:45

ハーゲンダッツ(スプーン)

深刻な問題となっている、海洋プラスチックごみ問題。ハーゲンダッツジャパンは19日、2025年を目標とする「プラスチック資源削減目標」を設定したことを発表した。あのプラスチック製スプーンも、今後バイオマス10%配合のプラスチックへ切り替えられ、供給量も段階的に削減していく。


画像をもっと見る

 

■プラスチック使用量を年間50%削減へ

同社は同日、2025年を目標とする「プラスチック資源削減目標」を設定し、使い捨てプラスチック削減への取り組みを強化すると発表。

これにより、最終的にプラスチック使用量を年間で50%削減(2021年度比)を目指すとしている。


関連記事:ケンタッキーを持ち帰るとき 小さいようで大きな変化に「これはありがたい」

 

■包材やスプーンも環境に配慮した素材に

ハーゲンダッツ

具体的には、アイスクリームの包材(リッド、タンパーエビデンスなど)やスプーンを、石油由来のプラスチックから、環境配慮型プラスチック、もしくは、非プラスチック素材に順次切り替えが推進されるという。

ハーゲンダッツを購入するともらえた、あのプラスチック製のスプーンは、今年4月からバイオマス10%配合のプラスチックへ切り替えられ、流通や販売店と協力し、供給量の削減も図っていく。

次ページ
■「アイス専用スプーン」を試すとき!?

かわいいピンクも! 固いアイスもすくいやすい アルミ アイススプーン【Amazon】

環境問題話題アイスクリームハーゲンダッツスプーンSDGs海洋プラスチックゴミ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング