紺野あさ美、ゲームにハマりすぎた娘の発言に悩み 「球場で言ったらどうしよう」

紺野あさ美が娘の”ある発言”に悩んでいることを『さんま御殿』で告白。ネット上ではその悩みに納得する視聴者が相次いだ。

2022/02/09 07:25

紺野あさ美

8日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、フリーアナウンサー・紺野あさ美が出演。番組内では、ゲームにハマりすぎて”ある発言”をしてしまう娘に悩んでいることを打ち明けた。



 

■ゲームが好きな子供への対応は…

「パパ・ママ失格だなと思ったこと」というテーマで、子供を持つ芸能人がトークを繰り広げることとなった今回。

その中では、ダイアンの津田篤宏が子供に「ゲームは1日1時間」というルールを定めている一方で自分は5時間ほどゲーム配信をしているため、子供たちが納得しないことを明かした。

また、相田翔子も子供がゲームをしているのを見ているうちに、自分もハマってしまったことを打ち明けている。


関連記事:イオンのブラックフライデー 伊藤ハムの「1000円セット」がスゴすぎる…

 

■「どんなゲーム!?」

一方で、4歳の長女、2歳の長男、5ヶ月の二女がいる紺野は、夫でプロ野球・北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大選手が家にいる時は、杉浦選手のタブレットを借りて子供がゲームをしていることを語り出す。

しかし、紺野によると娘は他社が協賛で入っているゲームにハマり、その結果「朝ごはんは伊藤ハムだね!」と言い出すようになってしまったとのこと。なお、この紺野の告白には出演者から「どんなゲーム!?」「ゲームのソフトが気になるわ!」などのツッコミが飛んだ。

伊藤ハム レンジでごちそうシリーズ6種各1個セット【Amazonでチェック】

次ページ
■「球場で言ったら…」と心配
ゲームテレビ子供日本テレビ北海道日本ハムファイターズ紺野あさ美踊る! さんま御殿!!伊藤ハム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング