小池都知事、感染拡大防止に向けた取り組みを説明 高齢者と妊婦に対して…

小池都知事が定例会見を実施。19日から順次、臨時の医療施設等の開設すると説明した。

2022/02/18 15:15

小池百合子

18日、東京都の小池百合子都知事が都庁にて定例会見を実施。感染拡大防止に向けた取り組みについて説明した。



 

■新規感染者は減少傾向

会見冒頭、新型コロナウイルスの感染状況について触れた小池都知事。10日に発表された新規感染者数の7日間平均(東京都、以下同)は、約17,849人に対して17日の感染者は17,864人、7日間平均で約14,936人と減少傾向にある。

主な要因として、繁華街の滞留人口と実行再生産数(1人の感染者が全感染期間に感染させる人数の平均値)の減少があげられるという。


関連記事:小池都知事、コロナ「爆発的増加」に危機感 武器は3回目のワクチン接種

 

■都民の命と暮らしを守る

それでも依然として新規感染者数は高水準にあり、「重症者数も高齢を中心に増加傾向という状況。そしてまた、10歳未満の感染の割合も増加しております」と説明する小池都知事。

都民の命と暮らしを守るため、都として高齢者施設の往診体制の強化し、子供の預け先の確保をスピード感を持って努めていく構えだ。

次ページ
■臨時の医療施設の開設

人を動かす100の言葉【Amazon】

小池百合子新型コロナウイルス定例会見新規感染者オミクロン株
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング