タモリ、『ブラタモリ』で小学生ぶりに訪れた名園を気に入る 「一杯やりたいね」

『ブラタモリ』にて香川県にある名園を訪れたタモリ。ロケ中、この場所には隠れた仕掛けが存在していたことを初めて知り…。

2022/02/27 00:40

タモリ
(写真提供:JP News)

26日放送の『ブラタモリ』(NHK)では、香川県高松市を訪れたタモリ一行。番組内では、ロケ中にタモリが小学生以来となる名園を訪れ、「一杯やりたいね」と呟くほどに気に入る様子を見せた。



 

■国の特別名勝に指定される公園

海水を取り入れている”海城”の高松城は町をどう発展させたのか…という謎に迫ることとなった今回。

ロケでは、その高松城から2kmほど離れた「栗林公園」という場所に訪れたタモリ一行。なお、この公園は国の特別名勝にも指定されており、高松城の歴代城主が100年あまりの歳月をかけて完成させた大名庭園である。


関連記事:タモリ、マツコの都市開発好きを告白 渋谷の未来像もすでに知っていた

 

■幼い頃に父と…

この公園に足を踏み入れた際には、アシスタントの浅野里香アナウンサーとともに「キレイな公園ですね」と言い、栗林公園の風景に見とれたタモリ。

そんなタモリは、全く覚えていないが小学1~2年生の頃この公園へ来たことがあると明かす。なお、当時は父親と一緒に県内の神社「金刀比羅宮」へ行った時、ついでにこの公園に寄ったとのことだ。

なお、かつてタモリが訪れたこの栗林公園には、昔は大雨が降ると氾濫して水害を起こし、町の発展の妨げになっていた香東川が流れている。この川は江戸時代初めに当時の高松城主が「川を一本化する」というプロジェクトを実施した時の痕跡だそうだ。

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?【Amazonでチェック】

次ページ
■タモリも知らない仕掛けが明らかに
NHKタモリ香川県ブラタモリ高松市浅野里香アナウンサー栗林公園
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング