松本人志、専門家による“ロシアの侵攻を止める唯一の手段”に納得も… 「怖い言葉」

『ワイドナショー』ではロシアによるウクライナ侵攻がテーマに。専門家が語る最後の手段とは…。

2022/03/06 11:35

ダウンタウン・松本人志

6日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻がテーマに。筑波大学教授でロシア政治の専門家・中村逸郎氏の解説に注目が集まった。



 

■死者数2,000人超も

2度の停戦協議を経るも、一向に収束の兆しが見えないロシアの軍事侵攻。そればかりか、欧州最大規模の原発であるザポロジエ原発の制圧を図ったり、軍事施設だけでなく集合住宅も標的にしたりするなど、攻撃は日に日に激化している様子だ。

民間人あわせた死者数が2,000人を超えるとの報道もあり、日本国内でも大きな注目を集めている。


関連記事:ほんこん、他国による“無血併合”に強い危機感 「日本でも起きかけてる」

 

■「怖い言葉やけど…」

ロシアが常任理事国として拒否権を持つことから、安全保障理事会も有効に機能していない現状。そうしたなかで、松本人志は「(プーチン政権への)クーデターみたいなの起こる可能性ありますよね」とコメント。

これに中村氏は、戦争を止める唯一の手段について「松本さんのおっしゃるとおり、クーデターか(プーチン大統領の)暗殺です」と返答。松本は「ねえ」と納得しながらも「怖い言葉やけど…」と顔をしかめる。

「ロシアの伝統的な帝政社会で、やはりどうしても、今回のように暴走する皇帝ってのがいるんですよ」と中村氏はつづけた。

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

次ページ
■最悪の事態を予想していた?
松本人志専門家乙武洋匡ロシアワイドナショーウクライナウクライナ侵攻
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング