田原総一朗氏、ウクライナ情勢の長期化を予測 「非常に残念なことだが…」

未だ出口が見えないロシアとウクライナの戦争。ジャーナリストの田原総一朗氏は、これが長期化すると悲観的な見方を示す。

2022/03/11 21:45

田原総一朗

ジャーナリストの田原総一朗氏が11日、自身の公式ブログを更新。ロシアのウクライナ侵攻に関し、事態が長期化するとの見方を示した。



 

■現実化した侵攻を嘆く

田原氏はロシア侵攻前に更新したブログから、「もし武力行使となれば、多くの人が犠牲になるだろう。人間はそこまで愚かではない、僕はそう信じたい」とつづった結びの部分を引用。

しかし、現実には戦争となってしまったことを「僕だけではない、世界の多くの人々の願い空しく、ロシアの武力行使は、現実のものとなってしまった」と悲観した。


関連記事:ウクライナ侵攻を続けるロシアにひろゆき氏が持論 「勝ち筋は…」

 

■プーチン大統領は困惑している?

その後は、ウクライナ・ゼレンスキー大統領の支持率が、昨年12月の時点では30%を切るほど低下していたことを指摘。攻撃すればゼレンスキー政権はすぐに崩壊し、親ロシア政権が樹立されるというロシアの目論見を推察する。

しかし、実際はゼレンスキー大統領が国民の支持を浴び、支持率は90%を超えることに。

田原氏はこれを「完全な『読み間違い』」「プーチン大統領も困惑しているのではないか」と指摘するも、「今撤退したら、ロシア国内からの反発が起き、プーチン大統領が失脚することは間違いない」とロシア側のジレンマを指摘した。

ルポ プーチンの戦争 「皇帝」はなぜウクライナを狙ったのか【Amazonでチェック】

次ページ
■アメリカの動きは…
政治アメリカ国際情勢戦争ロシアプーチン大統領田原総一朗ウクライナバイデン大統領ゼレンスキー大統領
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング