櫻井翔の被災地取材に絶賛の声 1年間欠かさず続ける「週末の日課」とは… 

いまや『news zero』の欠かせないキャスターになった櫻井。そんな彼には昨年から続けていることが…。

2022/03/14 18:30

嵐・櫻井翔

3月11日放送の報道番組『news zero』(日本テレビ系)で、櫻井翔が東日本大震災の被災地に足を運び、現地の今を伝える企画が放送された。年々、キャスターとしての存在感が増す櫻井には、毎週末に欠かさず行う「日課」があって…。



 

■「相手に寄り添う姿勢」

櫻井は2006年に『news zero』の月曜日キャスターに就任。政治、国際問題、オリンピックなど、幅広い分野を視聴者目線で分かりやすく解説している。特に、被災地に関する取材には力を入れており、東日本大震災が起きた3月11日が近づくと、毎年のように現地に足を運び、被災地の現状を伝えている。

日本テレビ関係者は、櫻井の取材姿勢をこう評価する。「どんな取材でも事前の下調べを欠かしません。現場で気づいたことは事細かくメモを取り、自分なりに分析しています。被災地での取材では、常に謙虚な姿勢で相手に寄り添って話しているのが印象的です。局内でも、彼の働きを評価する声は多いですよ」(日本テレビ関係者)。


関連記事:有働アナ、櫻井と相葉の結婚発表受け『news zero』で絶叫 「いやもう言って!」

 

■2021年に任された「大仕事」

そんな櫻井の実直な仕事ぶりが買われたのか、2021年には大仕事を任される。雑誌『ニューズウィーク日本版2021年3月16日号』の特集「3.11の記憶 東日本大震災から10年」という震災から10年を振り返る目玉企画で、1万字の長編ドキュメントを寄稿したのだ。

前出の日本テレビ関係者が続ける。「この寄稿文は櫻井さんが『zero』で取材したことをもとに執筆しました。ジャニーズ事務所のスタッフはほとんど関わらず、ひとりで1万字のルポをまとめたそうです」(前出・日本テレビ関係者)。

次ページ
■1週間のニュースを整理

ニューズウィーク日本版 3/16号【Amazonでチェック】

日本テレビ東日本大震災櫻井翔被災地キャスター『news zero』櫻井キャスターニューズウィーク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング