「ラジオ、懐中電灯が売り切れ」 家電量販店の”あるコーナー”に異変が…

16日の地震以降、大手家電量販店では懐中電灯や電池が品切れになるところも…。

2022/03/26 05:45

防災グッズ「ヨドバシカメラ」

16日に福島県沖で最大震度6の地震が発生し、21日には「電力需給ひっ迫警報」が発令されるなど、日常生活を脅かす事態が続出している。そんな中、家電量販店では「異変」が起きていて…。



 

■災害が続出

2011年の東日本大震災から11年が経過した今年の3月16日、再び福島県沖で最大震度6を記録する地震が起きた。この影響で東日本で一部の火力発電所の運転停止が続き、供給力が落ち込んだ。

さらに、22日に東京が季節外れの寒さに見舞われたことで、経済産業省が「電力需給ひっ迫警報」を発令する事態に。200万~300万軒規模の停電が発生する可能性も取りざたされるなど、混乱に見舞われた。

幸いにも大規模な停電は発生しなかったが、ここ最近災害の恐怖が間近に迫っている。


関連記事:20時以降、最大300万軒停電も… 東京電力に聞いた「リアルな現状」

 

■防災グッズが品切れに

日常生活を脅かす出来事が続いたことで、家電量販店では異変が起きている。都内のある家電量販店で働く店員からは、このようなコメントも。「16日以降、防災グッズが飛ぶように売れているんです。懐中電灯や防災用ライトが品切れになったり、入荷待ちになってしまうこともありました」(都内家電量販店の店員)。

16日の地震は都内でも震度4の揺れを観測した。不安を覚え、万が一に備えて防災グッズを買い求める人が急増したのかもしれない。

次ページ
■「前日比300%になった日も」

地震対策30点避難セットplus 防災セット【Amazonでチェック】

ラジオ災害地震防災グッズヨドバシカメラ非常食懐中電灯ビックカメラ電池電力需給ひっ迫警報
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング