ビートたけし、IT化によるコストカットを疑問視 「削減された人たちは…」

ITやAIの導入でローコストオペレーションを実現するスーパーマーケットを見たビートたけし。ある疑問を抱いたようで…。

2022/04/10 15:35

ビートたけし・北野武

10日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしが企業のIT技術導入による人件費削減の動きを疑問視した。



 

■工夫をする企業を特集

番組は新型コロナウイルスとロシアによるウクライナ侵攻で原油や小麦などが値上がりするなか、工夫をして乗り切ろうとする企業を紹介する。

取り上げられたスーパーマーケットでは、セルフレジのついたショッピングカートで買い物と会計を同時に行うシステムを導入。このシステムで、買い物から会計までが6秒程度と大幅に短縮できたのだという。


関連記事:ビートたけし、日本の現状に「気が緩んでる感じ」 国家予算に提言も

 

■たけしが疑問視

スーパーマーケットを運営しているのはIT企業だそうで、ITやAI技術を導入することで人員削減や効率な在庫管理によるローコストオペレーションを実現しているとのこと。

また、人件費を削減した分を低販売価格に還元することで顧客を獲得。そのようなビジネスモデルで売上が肩上がりになっていることが紹介される。

たけしはこのVTRを見て、「物を安くするためにAIを導入して人件費を削減するって、削減した人件の人たちはどうするんだい?」と指摘した。

次ページ
■有識者も同調

ビートたけし『フランス座』【Amazonでチェック】

AIITビートたけしスーパーマーケット阿川佐和子TVタックル人件費削減
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング