ウクライナ紛争で2万円を超えていたウニが急に激安に その理由にゾッとした…

市場でウニが急な値下がり。その理由はロシアでなく中国にあった。

2022/04/12 10:15


 

■その理由にゾッとする

つまり、ウニをたくさん消費する中国で売りづらくなったことにより、日本でのうにの価格が下落したというワケだ。隣国の非常事態が日本のうにの値段に影響するとは…値下がり自体は嬉しいものの、その理由にゾッとしてしまった。

また、ウニだけでなく他の食料品も軒並み値上がりしている中、やはり他国の状況により食品の値段が大きく変わってしまうのも恐ろしいことである。


関連記事:市場マニアお勧め 都内近郊で「安くて質の良い食材を買える市場」はココだ

 

■三陸産の殻付きウニも販売

余談だが、11日から川崎北部市場でも岩手県など三陸産の殻つきウニを見かけるようになった。こちらは1個数百円と安価で、購入することで国内の消費を促すこともできるため、ぜひウニ好きは積極的に買っておきたいところ。

川崎北部市場は朝8時から一般客も商品を購入することができるので、安価にウニを買いたい人は、値段が上がらないうちに買っておくことをお勧めするぞ。

・合わせて読みたい→ぼる塾・田辺がつい買い過ぎてしまう高級店を告白 「覚悟して入らないと…」

(取材・文/Sirabee 編集部・熊田熊男

生うに 300g 天然 刺身用 (グレードAAA)【Amazon】

中国うにロシア新型コロナウイルスロックダウン北部三栄川崎北部市場値下がり
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング