上田晋也、映画のエンドロール中に席を立ち…  周囲の反応に「本当ごめん」 

『上田と女が吠える夜』では映画館での「せっかち」な行動がテーマに。上田晋也が懺悔した内容とは…。

2022/05/05 01:40

くりぃむしちゅー・上田晋也

4日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)では、くりぃむしちゅー・上田晋也が映画館での“あるエピーソード”を告白。視聴者のあいだで、話題になっている。



 

■予想外の長さに…

今回番組では、「せっかち&のんびり女の恋愛事情」がテーマに。中でも「映画館でエンドロール中に席を立つ人」について、スタジオで議論が交わされる。

「嫌い」「嫌だ」との声が多数を占める中、MC・上田自身が実際にやってしまった過去を告白。当時、仕事の合間を縫って、大人気ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』を観ていた上田。

次の仕事がギリギリであったこと、また上映時間が予想外に長かったことなどから、とくに後半などは「時計と勝負しながら」状態になったという。


関連記事:上田晋也、『M−1』審査員に選ばれないことにコメント 「制作側に聞いて」

 

■「もう本当ごめん」

ようやくエンドロールが流れてくると、「申し訳ない」と思いながらも、上田は席を立つ。すると周囲からは「舌打ち」があり、「もう本当ごめん…」という気持ちになったと回顧。

ちなみにスタジオで、唯一「エンドロールは見ない」と豪語していたのが、鈴木亜美だった。「終わった瞬間に帰ろうみたいな」「見る必要ありますか?」と語ると、上田は「あれ、何だろう、俺の知ってるアミーゴと違うんだけど」と困惑していた。

次ページ
■「エンドロール含めて作品」の声

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

くりぃむしちゅー上田晋也映画館鈴木亜美エンドロール上田と女が吠える夜
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング