上田晋也、映画のエンドロール中に席を立ち…  周囲の反応に「本当ごめん」 

『上田と女が吠える夜』では映画館での「せっかち」な行動がテーマに。上田晋也が懺悔した内容とは…。

2022/05/05 01:40


 

■「エンドロール含めて作品」の声

上田いわく、エンドロールは「あそこのシーン、あれってこういう意味かな…」などと余韻に浸りながら考える時間だそう。それだけに、途中で席を立ってしまったことについて、当時は罪悪感を覚えたようだ。

視聴者からも、「エンドロールの最中に立つ人とは絶対映画に行けない」「エンドロール含めてひとつの作品では?」「映画によっては最後にまたシーンが入ってくることもあるし」といった声が多く寄せられていた。


関連記事:フワちゃん、骨折したくりぃむ上田からのプレゼントに喜び 「かわいすぎ」

 

■映画はエンドロールまで観る?

Sirabee編集部が全国10~60代の男女1653名を対象に調査を実施したところ、全体で54.4%の人が「映画はエンドロールまで見る」と回答。全体的に女性に多い傾向のようだ。

調査エンドロール

すでに、ネット上などでは論争も起きているこの問題。上田が舌打ちをされたように、途中で席を立つ人を良く思っていない観客も一定数いるようだ。

・合わせて読みたい→若林正恭、上田晋也のファッションのこだわりを暴露 「俺イジれないっすよ」

(文/Sirabee 編集部・東水 壮太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

くりぃむしちゅー上田晋也映画館鈴木亜美エンドロール上田と女が吠える夜
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング