約3割が「これを言われたら別れると思う」と答えた 恋人への絶対NGフレーズ

若い世代ほどすれ違ってしまいがち? 自分の気持ちばかりではなく、相手の状況を理解することも大切。

2022/05/06 04:15

恋人

人と交際するうえで、「相手の立場や状況を理解する」ことは重要である。自分の気持ちばかりを優先してしまうと、交際を続けていくことが難しくなってしまう場合もあるだろう。



 

■「仕事と私、どっちが大事なの?」

Sirabee編集部が、全国の10代~60代の男女1,000名を対象に恋愛に関する意識調査を実施したところ、全体で29.9%の人が「恋人に『仕事と私どっちが大事なの?』と言われたら別れると思う」と回答した。

「仕事と私どっちが大事なの?」と言われたら別れる

性年代別に見てみると、最も高い割合だったのが10代男性で50.0%、次いで20代男性が42.3%だった。


関連記事:約2割の人が“重い”よりは良いと思っている恋愛 束縛よりは楽なので…

 

■年齢を重ねるごとに寛容になる?

とくに若い男性が“仕事に理解がない人”を嫌と思ってしまう傾向があるようだが、その一方で、年代が上がるに連れて割合が低くなっていく傾向も見受けられた。

若い時期は仕事を覚えなくてはならなかったり、仕事のやり甲斐や楽しさを感じはじめたりして「いまは仕事を頑張りたい」と思う人も少なくないのだろう。

そして、年齢を重ねることで精神的にゆとりができ、様々な経験をすることで相手のことを考えられるようにもなって、次第に寛容になっていくのかもしれない。

次ページ
■理解できなかったリーダーの言葉

仕事と家庭の両立 「思い込み」を手放すだけでうまくいく!【Amazonでチェック】

恋愛LINE結婚仕事人間関係話題ワーク・ライフ・バランス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング