「です」を「でふ」と打ち間違え… 10〜20代ではもはや常識か

便利なスマホのフリック入力だが、それがゆえに起きやすい誤入力も。

「です」を「でふ」

人によっては、「パソコンのキーボードよりずっと速く打てる」というスマートフォンのフリック入力。とくにデジタルネイティブと呼ばれる若い世代では、スマホを見ながら凄まじいスピードで指を上下左右に動かしてる人もしばしば見かける。


画像をもっと見る

 

■「です」が「でふ」問題

しかし、フリック入力ゆえに起きやすい誤入力も。たとえば「〜〜でふ」「〜〜なのでふ」といったメールやLINEを受け取った経験はないだろうか。これは、一般的なかなのフリック入力において、「は」行が「さ」行の真下にあるために起こりやすいミス。

右上段にある「さ」行まで指が届かず、その下の「は」行を上にフリックして「ふ」と打ち込んでしまうことになるのが原因だ。


関連記事:先生を呼ぼうとして… およそ4人に1人が「恥ずかしすぎる失敗」を経験

 

■5人に1人が経験

ちなみに、このミスをどれくらいの人がやってしまっているかというと、Sirabee編集部が全国10〜60代男女1,000名を対象に調査したところ、21.2%が経験あり。

「です」を「でふ」

およそ5人に1人以上が経験している、「メジャーな打ち間違い」であることがわかった。

次ページ
■若い世代では常識か

スマホ脳【Amazonでチェック】

スマホ話題フリック入力誤入力書き間違い
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング