『正直不動産』原作と違うストーリーも… 垣間見える「木下ほうか騒動」の影響

『正直不動産』では原作と違うシーンが見受けられる。「木下ほうか騒動」の影響か…。

2022/05/10 18:15

木下ほうか

山下智久主演のドラマ『正直不動産』(NHK)が好評だ。コミカルなストーリーながら不動産業界に関する知識が身につくシーンも多く、視聴者を飽きさせない。

だが、回を重ねるにつれて、「木下ほうか騒動」の影響が垣間見えて…。



 

■放送1週間前の降板

『正直不動産』は、山下演じる営業成績ナンバー1を誇る敏腕の不動産営業マンが、ある日祠(ほこら)を壊したたたりで嘘がつけない体質になり、悪戦苦闘しながらも正直な営業スタイルで客と向き合っていく物語。毎回、本当のことを早口にまくし立て、トラブルに見舞われる山下のコミカルな演技が好評だが、放送前には「事件」があった。

山下の課長役で出演予定だった俳優・木下ほうかが、「性加害」報道によって放送1週間前に降板になったのだ。NHKは、撮り直しはせず、木下の出演シーンをカットして対応。

彼の存在が消えていることでも話題になったが…。


関連記事:山下智久、新しく開設した公式ツイッターが好評 垣間見えるファンへの気遣い

 

■原作と違う展開が

あるテレビ局関係者は、物語が進むにつれて「木下騒動」の影響が出ていると話す。

「5月3日の放送回で、山下さんの後輩役・福原遥さんが関わるストーリーでそう感じました。福原さんのお父さんがライバル会社の不動産営業マンに欠陥住宅を紹介されるシーンがあったのですが、原作だと木下さんが欠陥住宅を売りつけるはずでした。木下さんは山下さんに不正を指摘されて会社をクビになり、ライバル会社に転職し、敵として再会するんです。木下さんの件を受けて、細かくストーリーを変更したのかもしれませんね」(テレビ局関係者)。

木下はバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)の嫌味な上司「イヤミ課長」でおなじみ。かつての同僚に対峙する役はたしかに、そんな彼のイメージに合う気がする…。

次ページ
■顔が映らない謎の人物が…

不動産業者に負けない24の神知識【Amazonでチェック】

ドラマNHK不祥事山下智久木下ほうか正直不動産
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング