勝俣州和が見た上島竜兵さんの怒った姿 本当の“熱湯”を入れたスタッフに…

『アッコにおまかせ!』では急死した上島竜兵さんについて話題に。勝俣州和が見た“プロ根性”とは…。

2022/05/15 13:40

勝俣州和・ダチョウ倶楽部・上島竜兵

15日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、ダチョウ倶楽部・上島竜兵さんの訃報について大きく扱われた。番組準レギュラー・勝俣州和のエピソードが、注目を集めている。



 

■スタッフがあらぬミス

11日未明、61歳の若さで急死した上島さん。番組がまとめた、ダチョウ倶楽部の『アッコにおまかせ!』出演時のVTRなどが流されると、スタジオではそれぞれが思い出話を語っていく流れに。

若手時代に共演する機会が多かったという勝俣は、あるとき“熱湯風呂”の舞台裏を目撃したという。

通常、人が入れる温度か、ダチョウ倶楽部のメンバーが確かめるらしいのだが、その日は、スタッフが間違えて「人が入れないほどの、沸騰するような本当の熱湯」を入れてしまっていたそう。


関連記事:上島竜兵さんが担った「お笑い史上のすごさ」の秘密 ベタ芸・復興の旗手

 

■「俺たちプロなんだ」

さらにこの日は、他のゲストも熱湯に入る流れもあったため、ダチョウ倶楽部が「お湯を変えてくれ」とスタッフに伝えたのだが、回答は「熱湯って言われたから熱湯を入れたんですよ」というもの。

そのとき、上島さんが「バカ野郎」と声を荒らげ、「このお湯がぬるかろうが、熱湯に見せるのが、俺たちプロなんだ」と語ったのだそう。

竜兵会『サラリーマン芸人』【Amazonでチェック】

次ページ
■「この人カッコいいな」
勝俣州和生放送和田アキ子ダチョウ倶楽部上島竜兵アッコにおまかせ!熱湯風呂
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング