具志堅用高、“人生初CM”でまさかの大失態!? 「伝説の一発目」と爆笑

具志堅用高が沖縄本土復帰50周年記念イベントに出席。当時のエピソードを明かすと爆笑の声が…。

具志堅用高

今年で本土復帰50周年という大きな節目を迎えた沖縄県。13日、東京・丸の内で「沖縄復帰50年HAPPY OKINAWA FESTA 2022」が開催され、同県出身の元プロボクサーでタレントの具志堅用高が出席し、1972年当時を回顧した。


画像をもっと見る

 

■無理やり写真を加工して…

具志堅用高ら登壇者たち

現在66歳の具志堅。沖縄返還時は高校2年生の時で「あの頃はインターハイ沖縄予選の時期。そこで優勝して東京に出ることになった。当日は練習していたよ」と振り返る。

返還まではアメリカの統治下だったため、「東京行くためにもパスポートが必要。写真がなくて、(ボクシング用に撮ってあった)ファイティングポーズ写真の顔だけを切り出し、貼って提出。返還が決まってパスポート無しで東京に行けると聞いて嬉しかったね」と笑顔を見せた。


関連記事:黒島結菜「誕生日に男の子がプレゼントを…」 友人が語る”モテ期”な高校時代

 

■東京まではまさかの船

しかし移動は飛行機でなくまさかのフェリー。「東京・晴海まで2泊3日で移動。先輩は(疲れから)『こんなんじゃ試合できない』と嘆いていた。そのあと夜行列車で山形まで行って…。本当に移動も大変な時代でしたね」と具志堅。

それまではドル紙幣が通貨だったため「初めて千円札見た時はでっかい札だなぁと思ったなぁ。わざわざ両替して東京行ったからね」と当時のエピソードを次々語っていく。

次ページ
■「スーパー具志堅伝説」

海洋堂が制作した「具志堅用高フィギュア」【Amazon】

沖縄MAX島袋寛子具志堅用高西銘駿LINAREINANANAMINA本土復帰松田るかキャンキャン・ゆっきー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング