鈴木亮平、『バズ・ライトイヤー』声優抜擢に反響 「実写でもいけそう」

鈴木亮平が『バズ・ライトイヤー』で日本版声優を務めることを報告。夏の公開に向け「無限の彼方へさぁ行くぞ」と呼びかけている。

2022/05/27 15:15

鈴木亮平

俳優・鈴木亮平が27日、公式ツイッターを更新。7月1日公開のディズニー&ピクサーの新作映画『バズ・ライトイヤー』の日本語吹き替えを務めることを報告し、ファンの反響を呼んでいる。

【ツイート】バズの名ゼリフで呼びかける



 

■『トイ・ストーリー』のスピンオフ

『バズ・ライトイヤー』は、『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品。アンディー少年が持っている、電池で動くおもちゃの人形“バズ・ライトイヤー”のモデルとなった、スペースレンジャーの物語を描く前日譚だ。


関連記事:まるぴ、「絶妙にダサい撮り方」が話題 万バズに感激し「もっとバズれ〜」

 

■「光栄の極みです」と感激

鈴木は、「この度、ディズニー映画『バズ・ライトイヤー』にて、日本版のバズ・ライトイヤーの声を務めさせて頂くことになりました」と報告。

「あのアンディーが大好きな、あのバズ・ライトイヤーを演じられるなんて、光栄の極みです」と感激をつづると、「7月1日の公開をお楽しみに。今年の夏は、みんなで共に 無限の彼方へ さぁ行くぞ」と、バズの名ゼリフを引き合いに呼びかけている。

トイ・ストーリー:4ムービー・コレクション【Amazonでチェック】

次ページ
■「実写でもいけそう」の声も
ツイッター声優オーディション鈴木亮平トイ・ストーリーバズ・ライトイヤースピンオフ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング