AppleがiOS 16を発表 新型M2チップ搭載MacBook Airは7月発売

AppleがWWDC 2022でiPhoneの新OS「iOS 16」やMagSafe充電を採用した新型プロセッサM2チップ搭載「MacBook Air」を発表。

Apple WWWC22

Appleは日本時間の7日午前2時から開催したイベント「WWDC 2022」基調講演で、iPhoneの新OS「iOS 16」や新型プロセッサM2を搭載した「MacBook Air」を発表。iOS 16ではロック画面に「過去最大のアップデート」が行われるなど、各所に機能が強化されている。


画像をもっと見る

 

■iOS 16はロック画面や写真共有が便利に

iOS 16で追加されるのは、ロック画面で写真の被写体が時間の手前に表示でき、カレンダーのイベント、天気、バッテリー残量などの情報も合わせて確認できる機能。以前は上部にあった通知機能が下側に表示されるようになる。

さらに「iCloud共有写真ライブラリ」が導入され、最大6人のユーザーに向けて写真保存を1箇所にまとめることができるほか、メッセージアプリ「iMessage」ではメッセージの編集や送信取り消しに対応。動画のテキスト認識やメール送信予約が可能になり、画像の対象物を長押しするだけで背景から切り出せる機能も。


関連記事:Amazonタイムセール祭り開催中 iPad miniやMacの整備済み品が超お得

 

■MacBook AirにMagSafe充電復活

MacBook Air

MacBook Airは、新型プロセッサ「M2」チップを搭載。13.6インチのLiquid Retinaディスプレイ、1080p HDカメラ、MagSafe充電などを備え、シルバー、スペースグレイ、ミッドナイト、スターライトの4色で展開される。価格は164,800円から。

13インチのMacBook ProにもM2が搭載され、24GBメモリ、最大20時間のバッテリー駆動時間を実現。価格は178,800円から。それぞれ7月に発売開始予定。

→Appleのサイトでチェック


■Watch OS9、macOS Ventura、iPadOS 16も同時発表

Apple WatchOS 9

同イベントでは「WatchOS 9」「macOS Ventura」「iPadOS 16」も同時に発表。「WatchOS 9」は、文字盤がさらにカスタマイズ可能になり、ワークアウトアプリケーションを強化。

睡眠情報がより詳しくなり、「レム睡眠」などの睡眠ステージが確認できるほか、服薬アプリケーションで薬の管理や記録ができる。

「macOS Ventura」ではiPhoneをウェブカメラとして使えるようになり、「iPadOS 16」では最大6Kの解像度を備えた外部ディスプレイに対応し、合計8個のアプリケーションを表示しながら作業できる。


「WatchOS 9」「macOS Ventura」「iPadOS 16」は、それぞれこの秋リリース予定。無料のソフトウェアアップデートとして提供される。

・合わせて読みたい→支払いや健康管理は「スマートウォッチ」でラクラク 売れ筋商品はコレ

(文/Sirabee 編集部・小河 貴洋

→全く新しいMacBook AirをAppleのサイトでチェック!

iPhoneiPadAppleApple WatchWWDC22iPadOS 16macOS VenturaWatchOS 9MacBook AiriOS 16
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング