呼吸できない状況でも「ある液体」を浣腸すれば… 緊急救命の光明になるか

酸素がたっぷり詰まった液体をお尻に入れれば、呼吸は可能? 動物実験では、血中の酸素レベルがほぼ正常に。

2022/06/25 14:30

尻

科学者たちは人間が生存に必要な酸素を得るために、肺ではなくお尻の穴を通じて呼吸する方法を研究している。

この方法を使えば、自発的な呼吸ができず人工呼吸も困難な状況に陥っても、腸の粘膜から酸素を取り込むことで窮地を救われる日がくるかもしれない。



 

■お尻から酸素を取り込める?

生物は、さまざまな方法で酸素を体内に取り込む。カメは冬になると代謝を遅くして「総排泄腔呼吸」と呼ばれる方法で、総排泄腔から必要な酸素の大部分を得るという。

そこで科学者たちは、腸が酸素を体内に運ぶ可能性に注目。マウスやブタを使い、正常な呼吸を奪った状態で、腸を通じて空気を取り込ませる実験を行った。また、効率よく酸素を取り込むため、一部の動物は腸の一部を削り落とされされ、粘膜を薄くした状態にされたという。


関連記事:毎日使う「洗濯洗剤・柔軟剤」はコスパ重視で Amazonのお得な商品は?

 

■「腸からの呼吸」でより長く生存

呼吸を奪われ、腸からも空気を送り込まれなかった動物は11分後に死亡した。しかし、腸から空気を送られた動物は18分生存。さらに腸壁を薄くした状態で加圧酸素を送り込まれた動物は、1時間もの間生き延びたという。

この実験のプロセスは、医療ジャーナル『Clinical and Translational Resource and Technology Insights』に掲載されている。

次ページ
■人体には不向きでも…

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法【Amazonでチェック】

話題カメお尻酸素呼吸人工呼吸浣腸翻訳記事パーフルオロカーボン総排泄腔呼吸
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング