「ヤクルト1000」がスーパー、コンビニの棚に… ”復活”の理由を本社に聞いた

睡眠効果があることで一大ブームを巻き起こした「ヤクルト1000」。あまりの人気ぶりでスーパーやコンビニの棚から姿を消していた。 だが、7月初旬、都内のスーパーを訪れると同商品が! 「復活」を遂げた理由を本社に問い合わせると…。

2022/07/14 05:15

ヤクルト1000

睡眠効果があることで一大ブームを巻き起こした「ヤクルト1000」。あまりの人気ぶりでスーパーやコンビニの棚から姿を消していた。

だが、7月初旬、都内のスーパーを訪れると同商品が! 「復活」を遂げた理由を本社に問い合わせると…。



 

■「ヤクルト1000」は2種類

乳酸菌飲料「ヤクルト1000」は1ミリリットルあたり10億個の乳酸菌 シロタ株が含まれる機能性表示食品。一時的な精神的ストレスがかかる状況下でのストレス緩和と睡眠の質向上機能があるという。4月にマツコ・デラックスが睡眠効果を絶賛したのを機にブームとなり、品切れ状態が続いていた。

ヤクルト

ヤクルト1000

ちなみに、「ヤクルト1000」には主にヤクルトの宅配で販売される「Yakult(ヤクルト)1000」(100ミリリットル 税別130円)と主に店頭での販売となる『Y1000』(110ミリリットル 税別150円)がある。2商品の成分に違いはないが、今回は後者について紹介するため、以後「Y1000」と表記する。


関連記事:ヤクルト1000人気でスーパーの店員が”悲鳴” 「入荷が追いつかない…」

 

■2ヶ月ぶりに買えた

7月初旬のお昼すぎ、記者は買い物のため都内のスーパーを訪れた。乳製品コーナーには「Y1000」が置いてある棚があるのだが、いつ見ても売り切れ状態なので「どうせ今日もないんだろうな…」と半ば諦め気味に通り過ぎようとした。

ヤクルト1000

…しかし、よく見ると商品が並んでいた! 1人2本までという制限があったが、スーパーで「Y1000」が買えたのは2ヶ月ぶりだった。

関連記事:ヤクルト1000人気でスーパーの店員が”悲鳴” 「入荷が追いつかない…」

 

■実際に回るとスーパー・コンビニは6軒中2軒で販売

コンビニやスーパーでも買えるようになったのだろうか。後日、東京・中野区、渋谷区、新宿区のコンビニとスーパー計6軒回ったところ、全てのお店に「Y1000」のコーナーが設けられており、そのうち2店舗で商品が並んでいた。

在庫がなかったコンビニの店員に聞いたところ、「一時はまったく入荷がない状況でしたが、7月に入ってから毎日入荷しています。ただ、朝のみの入荷なので、平日だと午前中で売り切れてしまいます。土日だと夕方でも残っている日がありますよ」(都内のコンビニ店員)とのことだった。

つまり、一時期の棚にまったく並ばない状況から数に限りがあるものの、毎日入荷するようになったということだ。


関連記事:ヤクルト1000人気でスーパーの店員が”悲鳴” 「入荷が追いつかない…」

 

■ヤクルト本社に問い合わせた

一時期、棚から消えていた「Y1000」が買えるようになった理由について、ヤクルト本社に問い合わせた。「店頭用の『Y1000』は7月から増産していますので、店頭に並ぶようになったことについてその影響はあるかと思います。同商品については7月に加えて、年内にさらなる増産を計画しています。より多くのお客さまにご愛飲いただけるよう、できる限り取り扱い店舗数や店舗当たりの取り扱い数量増を目指してまいります」(ヤクルト本社広報室)。

少しずつコンビニやスーパーに並び始めた「Y1000」。睡眠に悩む1人でも多くの人が、これを飲んで改善する日が来ることを期待したい。

・合わせて読みたい→ヤクルト1000人気でスーパーの店員が”悲鳴” 「入荷が追いつかない…」

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

よく眠れない夜に…【Amazonでチェック】

睡眠乳酸菌ヤクルト1000シロタ株睡眠効果Yakult1000Y1000
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング