18歳娘に賃貸契約書へサインさせた母親に非難 実家暮らしの子供へ家賃請求はアリか

親子間のルールは、のちに思い出して笑えるものもあれば、トラウマとなってしまうものもある。

2022/07/17 05:15

賃貸契約書

ある母親が、実家で暮らす18歳の娘に賃貸契約書にサインさせ、家賃を支払わせたことで、非難の声が上がっている。『Mirror』や『Daily mail』など、複数の海外メディアが報じた。

【動画】18歳娘に賃貸契約書へサインさせる母親



 

■「成功のため」の家賃契約

アメリカ・オクラホマ州に住む母親が、実家暮らしの娘であるジェイダさん(18)の動画を、Tik Tokに投稿した。

9秒という短いものだが、「18歳の子供が実家に残ると決めたら」「教えの瞬間」「成功のための段取り」といったテロップとともに、母親が作ったと思われる賃貸契約書に、ジェイダさんがサインをする姿が映し出されている。


関連記事:太田光、ウィル・スミスのビンタ騒動で弊害? SNSの声に「ヒドイ」と嘆き

 

■「あり得ない」の声に弁明

この動画は180万回以上再生され、14万件以上の「いいね」が寄せられた。しかしコメント欄は「私の両親は同じことを私にして、今はもう疎遠」「あり得ない。この不況の中では、18歳の子が生きるのに十分な給料をもらえる仕事なんてない」と、母親のルールを非難する声で溢れている。

多くの非難のコメントを受け取った母親は、TikTokに新たに動画を投稿し、娘に賃貸契約書にサインさせた理由を、2万5,000人を超えるフォロワーに説明しようと試みた。

その動画は、「私は16歳でシングルマザーとなりましたが、両親は私を導いてはくれませんでした」「私は、すべてのことを自分でしなければならなかったのです」という言葉から始まっている。

次ページ
■子供が社会で生きていく準備

母と娘はなぜこじれるのか【Amazonでチェック】

家賃サイン話題食費シングルマザーローン実家暮らしTikTok翻訳記事オクラホマ州携帯電話代賃貸契約書
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング