信念込めた髪を切られた受刑者が刑務所を訴える 「髪型は宗教的自由」と主張

刑務所でその髪型はアリ? 受刑者が切られた髪を巡り裁判を起こす。

2022/07/16 11:00

刑務所・牢屋・牢獄

アメリカ・ケンタッキー州の黒人男性は、自身のドレッドヘアが切られたことを理由に刑務所を訴えている。『Grio』『USA Today』などの海外メディアが報じた。



 

■髪の毛を切るのは差別?

熱心な宗教的思想運動を行う「ラスタファリアン」であるカルロス・サーマンは、移送された刑務所の方針によって、ドレッドヘアを切るように職員から強制されたという。

サーマンはそれによって自身の憲法上の権利と宗教的自由が侵害されたと主張しており、連邦裁判所に州刑務所に対する差別訴訟を起こした。


関連記事:女子刑務所でトランスジェンダーの囚人と性的関係に 2名が妊娠し秋には出産も

 

■一部の人々には神聖なもの

サーマンがしていた「ドレッドロックス」と呼ばれるヘアスタイルは、絡まり合っている束状の髪型で、単に「ドレッドヘア」とも呼ばれる。ファッションとしての側面だけでなく、ラスタファリ運動の実践者にとっては神聖なものとして扱われているという。

それだけに、新しい刑務所の方針で伸ばしていた髪が切られることは大きな苦痛だったのだろう。

刑務所の中【Amazonでチェック】

次ページ
■髪型差別を保護する法律も
髪型話題差別刑務所ヘアスタイル黒人受刑者翻訳記事ドレッドヘアドレッドロックスCROWN法ラスタファリアンラスタファリ運動コーンロウ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング