天ぷらは揚げたて、中身は刺身 「レア天丼」のウマさに衝撃走る…

外はサクサク、中は半生の「レア」な天丼が食べられるお店に行ってみると…。

2022/08/04 11:15

レア天丼

「レア」──。ステーキの焼き加減で肉の表面は焼き色が付いており、中は赤い状態を指す。ステーキではなく、天ぷらを「レア」で食べられるお店があるのをご存知だろうか。

そんな珍しいメニューを食べてみると…。

【写真】記者が感動した「レア天丼」の食材


画像をもっと見る

 

■食べられる場所は限られる

レア天丼

一風変わった天ぷらを提供するのは、東京・池袋にある「羽田市場食堂 池袋サンシャイン60通り店」だ。「羽田市場食堂」は、日本各地で獲れた魚介類を空輸や新幹線などでその日のうちに運ぶことで新鮮なネタを提供する首都圏を中心に出店しているチェーン店。

全9店舗中、「柏駅東口店」と「池袋サンシャイン60通り店」の2店舗で半生の天ぷらを使った「レア天丼」が食べることができる。天ぷらはマグロ、ホタテ、エビ、スルメイカの魚介類とナス、大葉と盛りだくさん。お値段は税込み2,780円だ。


関連記事:てんやの新メニュー「初夏天丼」食べてみた かつおの天ぷらより”衝撃的なもの”

 

■高い技術が求められる

以前、天ぷら店を営んでいる知人に聞いたところ、「レアの天ぷら」を作るのは非常に技術がいるそうだ。単純にサッと揚げればいいわけではなく、細かい温度調整が求められるという。

そんな期待の丼を食べるため、池袋店に足を運んだ。食券で「レア天丼」を注文。記者は厨房が見えるカウンター席に座ったのだが、スタッフが頭のついた生のエビに小さく包丁を入れているのが見えた。注文を受けてから一つ一つの作業を丁寧にやっている印象を受けた。

待つこと数分、お目当ての品が運ばれてきた。切り分けられたマグロの天ぷらはたしかに中が赤くなっている。

レア天丼

次ページ
■マグロの天ぷらを食べてみると…

家で天ぷら作るなら…【Amazonでチェック】

天ぷら刺身池袋天丼レア羽田市場食堂
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング