「クマに悩まされているあなたへ」という化粧品広告 北海道民の勘違いに衝撃走る

「とある化粧品」の広告を見た札幌在住の女性。北海道民ならではの勘違いがネットで話題に…。

2022/08/05 04:00

北海道

日本では北海道のみに生息するヒグマ。近年は街中にも出没し、さまざまな被害が報告されている。今ツイッター上では、とある化粧品広告を見た北海道民の「クマにまつわる勘違い」が話題になっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】たしかに勘違いするのも無理はない…



 

■北海道ならではの勘違い

「道民だから『クマに悩まされてるあなたへ』という一文を見ると『あー今年もヒグマ多いもんなぁ』と咄嗟に思ってしまう。化粧品の広告だった」と自らの勘違いを投稿したのは、ツイッターユーザーのいーさん。関東の都市部ではクマに遭遇することがないため、この広告を見たとしても「目の下のクマね…」と感じることと思うが、さすが北海道…スケールの大きさが違う。

前述の通り、日本でヒグマは北海道にのみ生息する。体長は約2m前後でホッキョクグマと並び、クマ科では最大の大きさを誇ることでも有名だ。道庁の野生動物対策課ヒグマ対策室によると、昨年は8件の人身事故が発生。2019年は3件、20年は1件なので、急増していることが分かるだろう。

今年もヒグマ出没のニュースは多く、人間の生活圏内で発見されるケースも目立つだけに、「目の下のクマ」を「動物のクマ」と勘違いしてしまうのも頷ける。


関連記事:武井壮、いま悩みを抱えている人へメッセージ その内容に「救われます…」

 

■笑顔になった人が…

いーさんの投稿にネットでは、「吹き出してしまった」「クマと熊w」「これ好き」といった具合に、思わず笑ってしまったという人からの声が続出。

他には、「最後を読むまで何の迷いもなく『今年はヒグマ報道多いもんなあ』と思った道産子です」「これ分かりすぎてやばい」「『クマ』という言葉は全て『熊』と変換される」など、同じことを考えた道民からのコメントも多く見られた。

次ページ
■近い存在のヒグマ

かわいいヒグマのおもちゃ【Amazon】

北海道勘違い広告札幌市ヒグマ道民
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング