鹿児島のファミマ、商品原材料が「イカれてる」と話題に どこで使えば良いんだ…

鹿児島県のファミマ店頭で発見した、とある商品。その内容が完全に「常軌を逸している」と話題になっているのだ…。

2022/08/16 04:45

「自虐」は笑いにおける高度なテクニックの一つ。分量やシチュエーションを誤ると、聞き手に「笑って良いのか分からない」という戸惑いを生じさせ、笑うどころか逆に「気を使わせる」事態に発展してしまうため、乱発は控えるべきである。

なお現在ツイッター上では、鹿児島県のファミリーマートに出現した「とんでもない自虐商品」に、称賛の声が寄せられているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】ひと目見ただけで笑ってしまう…


画像をもっと見る

 

■そんな缶詰「あるワケない」と思いきや…

まず注目したいのは、気象予報士、防災士として活動する福岡良子さんが投稿した一件のツイート。

「ファミマに灰が売ってた! 内容量」と綴られた投稿には泣き笑いの表情を浮かべたスタンプが使用されており、「灰が売っていた」という表現に思わず首を捻ってしまう。

ハイ(灰)!どうぞ

百歩譲っても「炭」の間違いでは…などと考えつつ、ツイートに添えられた写真を見ると…そこにはなんと、「活かそう! 桜島の魅力」「ハイ(灰)! どうぞ!!」という勢いの凄まじいPOPおよび、中に「灰」が詰まった缶詰商品が大量に陳列されていたのだ。


関連記事:国分太一、鹿児島ロケへ向かうも火山灰でUターン 「こんなことあるんだな」

 

■「斬新すぎるだろ」と衝撃走る

缶詰のラベルを確認すると、「内容量」の項目には「ありがたくない、空からの恵み 100cc」という特大級の「自虐ネタ」が記されており、福岡さんが泣き笑いのスタンプを選択した背景に全力で納得してしまう。

ハイ(灰)!どうぞ

また「原材料名」は「桜島の降灰、垂水市民の苦悩」となっているほか、「使用期限」の項目には「皆様の興味が無くなるまで」と記されていたりと、とにかくキレッキレな自虐ネタのオンパレードである。

件のツイートは投稿からわずか数日足らずで3万件近くものRTを記録しており、他のツイッターユーザーからは「どうやって活用すれば良いんだ(笑)」「このセンス、嫌いじゃない」「こんなん笑うわ」「斬新すぎるだろ…」「良い意味でイカれてる」といった反響の声が多数寄せられていた。

ツイート投稿主の福岡さんに詳しい話を聞いたところ、件の商品、その名も「ハイ(灰)!どうぞ」は、鹿児島県の「ファミリーマート鹿児島空港店」にて発見したものであると判明。

福岡さんは「鹿児島讀賣テレビでのお天気キャスターの代役として鹿児島にいたのですが、6日間滞在したのに他のお店では見たことがなかったため、意外とレアなのかな? と思いました」「発見したときは『攻めてるなぁ』と思いました」「商品の詳細を見てすっかり虜になってしまいました。買いませんでしたが(笑)」と、発見時の感想について振り返っている。

ハイ(灰)!どうぞ

そこで今回は、あまりにぶっ飛んだ缶詰を企画している鹿児島県垂水市に、同商品の詳細について尋ねてみることに。すると、同市民の「知られざるホンネ」や、実情が明らかになったのだ…。

鹿児島は「美味しい」【Amazon】

次ページ
■この担当者、それにしてもノリノリである
ツイッターお土産ファミリーマート空港話題自虐桜島鹿児島県火山灰
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング