ふかわりょう、休暇時の代役を恐れる理由を告白 「高田純次さんの代打で…」

レギュラー番組は休まないと語るふかわ。その理由は、高田純次と明石家さんまのエピソードにあるようで…。

2022/08/26 00:15

ふかわりょう

25日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうが自身の代役を恐れる理由について語った。



 

■市川猿弥が染五郎の代役に

歌舞伎の公演で、17歳の八代目市川染五郎の代役に55歳の市川猿弥が起用され、SNSなどで称賛の声が上がっているニュースを取り上げた25日の放送。

猿弥は代役の打診からわずか1日の稽古で完璧に踊りをこなしたそう。また「来る役は拒まず」というモットーを持っていることが紹介された。


関連記事:マツコとミッツには「敵わない」 ナジャが2人への嫉妬や仕事観を告白

 

■ナジャがミッツの代役を拒否

ナジャ・グランディーバは「自身の代役」を質問されると、「ミッツ・マングローブにだけは頼んでほしくないというのはあります」とコメント。

ミッツの代役として出演することについても「それもやりたくない。もし代役を頼むとしたら、自分より技術のない人とかにお願いしてほしいんですよ。そのほうが『やっぱりナジャさんじゃなきゃダメだ』って周りは思うわけでしょ。それが良くない?」と語る。

さらに「ナジャさんの代役ですって言って、桐谷美玲さんが来るとかね。それくらい差をつけてほしい」と持論を展開した。

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

次ページ
■安東弘樹は代役に持論
明石家さんま高田純次TOKYOMXふかわりょうバラいろダンディナジャ・グランディーバ安東弘樹
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング