バカリズム、コンビやトリオ芸人に「バカじゃねーの?」と語る理由とは…

コンビ活動を経てピン芸人になったバカリズム。ピン芸人のメリットをよく理解しており…。

2022/08/31 06:30

バカリズム

お笑い芸人のバカリズムが30日深夜放送の『イワクラと吉住の番組』(テレビ朝日系)に出演。ピン芸人のメリットを力説した。



 

■『R−1』1回戦で実感

95年に、お笑いコンビ「バカリズム」を結成。解散後はコンビ名を芸名にしてピン芸人に。06年には、ピン芸人日本一を決める『R−1ぐらんぷり』(現:R−1グランプリ)の決勝に進出。珠玉のフリップネタ「トツギーノ」を披露してブレークした。

ピンとして再スタートを切る実感が湧いた瞬間、それは『R−1』の1回戦。

「僕が出場者として行ってたころは、1回戦から見てるから。1回戦なんて、もう地獄絵図ですよ。素人もプロに一緒くたにされて。コンビ解散してピンになって、いっても30ですから。1回戦に並んでいるときに、俺ここから始めるんだっていう。打ちのめされる感じというか、本当にゼロからなんだ」と振り返った。


関連記事:蛙亭イワクラ、「好きな芸人は?」のちょうどいい答えに到達 選んだのは…

 

■“コンビの片方”の出場

『R−1』には、純粋なピン芸人だけでなく、コンビの片方がピンとして参加することも。

番組MCの蛙亭・イワクラは「やっぱり『来んなよ』って思うんですか? コンビ組んでる人がピンで出るのって」と質問。バカリズムは「っていうよりも、負けられないっていう気持ちの方がね。負けたら格好悪いっていう」気持ちが強いという。

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

次ページ
■魅力はギャラ
バカリズムR−1ぐらんぷり蛙亭イワクライワクラと吉住の番組
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング